珈琲を飲みたい猫

都内の美味しいものを求めて奔走中。食いしん坊がオススメのお店を紹介するブログです。

一泊二日青森旅行記⑥2日目 青森駅周辺をレンタサイクルで観光

青森旅行2日目

19:45分発の新幹線で東京に戻るためこの日は青森駅周辺を観光することに。

観光の流れはこんな感じ

ハイパーホテルズパサージュを9時出発

「A-FACTORY」で買い物

「ねぶたの家 ワラッセ」でねぶた祭の復習

④青森駅近くのレンタサイクルで自転車を借りる

昼のねぶた祭を2時間鑑賞 青森駅周辺を自転車で爆走

「青森県観光物産館アスパム」でホタテソフトクリームを味わう

⑦自転車返却後、「青森まちなかおんせん」で汗を流す

⑧駅弁を購入し新幹線へダッシュ!

 

結構なハードスケジュールです。案の定、次の日は身体が動きませんでした。その日、その日を全力で生きています。

f:id:sabotennmegane:20180818232917j:plain

 

①朝食が素晴らしいハイパーホテルズパサージュ

施設案内|ハイパーホテルズパサージュ-青森県青森市のビジネスホテル

f:id:sabotennmegane:20180818201915j:plain

清潔感はあり細かいサービスも好印象ですが部屋はいたって普通のビジネスホテル。

ただ朝食が最高!種類豊富で和食から洋食、青森産の旬の食材や地場産品も並んでいて朝から動けなくなるくらい沢山食べました。

朝食のためにまた泊まりたいくらいです。青森駅からも徒歩3分と立地も良いです。

 

②A-FACTORYでお土産を購入

f:id:sabotennmegane:20180818202509j:plain

前日、シードルの有料試飲を楽しんだA-FACTORYの1階でお土産を探します。りんごのお菓子やドリンクが種類豊富に棚にぎっしり!

よーく吟味します。

③ねぶたの家 ワラッセでねぶた祭の復習

f:id:sabotennmegane:20180818203328j:plain

ねぶたの家 ワ・ラッセ

青森駅から徒歩1分のところにあります。

青森市文化観光交流施設ねぶたの家 ワ・ラッセ」が2011年1月にJR青森駅の海手にオープンしました。街の発展を見届けてきたねぶた祭の歴史や魅力を余すことなく紹介し、ねぶたのすべてを1年を通じて体感することができる"夢の空間"です。

 大型ねぶたが展示してあったり、ねぶたの歴史が学べるホールもあります。

f:id:sabotennmegane:20180818204001j:plain

f:id:sabotennmegane:20180818204042j:plain

f:id:sabotennmegane:20180818204100j:plain

ここの施設は1年中楽しむことができるので、ねぶた祭開催時期以外の観光の時もオススメな場所です。

ねぶた祭の体験もでき太鼓や踊りなど一緒に楽しむこともできます

 

④青森駅近のレンタサイクルで自転車を借りる

f:id:sabotennmegane:20180818204238j:plain

まちなかレンタサイクル | 青森市しんまち商店街 | 青森市新町商店街

1回300円と激安!まちなかレンタサイクルでレンタルする場所はいくつかあるようです。ただどこも17時までに返却が必要なので注意が必要です。

私たちは市営自転車等駐車場(青森駅横)でレンタルしました。

赤いママチャリ2台レンタル!

 

⑤昼のねぶたを観賞

f:id:sabotennmegane:20180818205526j:plain

自転車で走り回っていると跳人たちを発見!

f:id:sabotennmegane:20180818205640j:plain

自転車をとめ昼のねぶたを楽しみました。

例によって友人とはまた別行動へ。それぞれ好きな場所で楽しみます。

 

⑥青森県観光物産館アスパムへ 

f:id:sabotennmegane:20180818210925j:plain

青森県観光物産館アスパム

自転車で爆走、ねぶた祭で興奮し歓声を上げ歩き回り、ここの時点で身体はフラフラです。しかし力を振り絞り青森県観光物産館アスパムへ。

青森県の産業・観光物産及び郷土芸能などを総合的に紹介し、県民はもちろん 青森県を訪れる方々に、 よりよく青森県を理解していただくための場いわば「青森県の顔」として、 また、21世紀にむけて青森県が大きく飛躍するため の産業振興の拠点として建設されました。 

 引用元http://www.aomorikanko.or.jp/web/about01.html

 

f:id:sabotennmegane:20180818211234j:plain

f:id:sabotennmegane:20180818211303j:plain

青森県の美味しい食べ物がいたるところで売ってあります。

ホタテエキス入りのソフトクリーム!甘じょっぱい塩分補給!

f:id:sabotennmegane:20180818211444j:plain

ソフトクリームで元気を取り戻し外へ行くと・・

f:id:sabotennmegane:20180818211519j:plain

ねぶたの保管小屋がありました。何度見ても大迫力!

近くでじっくり見ることができます。

⑦自転車を返却し青森まちなか温泉へ

レンタサイクルは17時までだったので自転車を17時に返却。

昼食も食べ忘れフラフラだったので休憩をと思っていたら、友人の希望で温泉へ。

元気が有り余っているようです。

f:id:sabotennmegane:20180818211934j:plain

青森まちなかおんせん【公式ホームページ】

青森駅からフラフラ歩いて10分程度。

年中無休 営業時間 6:00〜23:00 大人 450円

でした。

疲れ過ぎてここら辺の記憶は薄いですが、熱めのお湯で露天風呂もありいいお湯でした。

 

⑧駅弁を購入し新幹線へダッシュ!

新幹線は新青森駅から出るので新青森駅へ移動し駅弁を購入。

無事帰路につくことができました。

 

一泊二日の青森旅行でしたが、かなり濃い2日間でした。

ねぶた祭は想像以上の感動があり来年も是非訪れたいと思いました!

 

青森旅行記 終わり。