珈琲を飲みたい猫

都内の美味しいものを求めて奔走中。食いしん坊がオススメのお店を紹介するブログです。

一泊二日青森旅行記⑤2018年青森ねぶた祭、初めてのねぶたに感動の渦

2018年青森ねぶた祭、なんの知識もないまま参加

f:id:sabotennmegane:20180818001702j:plain

以前テレビ番組でねぶたに情熱を捧ぐ30代女性のドキュメントが放送されていました。

女性のねぶたにかける熱意はすごく感動のドキュメントで思わず釘ずけになったのを覚えています。

なんとねぶたは1年もかけ研究を重ね考え作成するのです。

魂が込められた人生をもかけた大作なのです!

 

そのドキュメントで得た知識しかない私。

今回そんな私でも最高の場所で最高のねぶた祭を楽しむ事ができました。

 

ねぶた祭の日程

2018年は8月2日〜7日。前夜祭から始まり最終日は花火大会でフィナーレです。

私たちは8月6日(月)の夜の運行と8月7日(火)の昼の運行を見学しました。昼の運行は最終日のみとなっています。

 

ねぶた祭の運行コース

f:id:sabotennmegane:20180816230355g:plain

画像引用元 運行スケジュールとコース - 青森ねぶた祭

青森駅から徒歩10分程度の場所です。ねぶた移動経路は道路でねぶた開催時は交通規制が行われます。

 

ねぶた祭、流れ流され最前列で見学

いよいよねぶた祭開催場所に到着!人の熱気がすごいです。

そんな中、人だかりの奥にねぶたを発見!

f:id:sabotennmegane:20180817130141j:plain

f:id:sabotennmegane:20180817130255j:plain

次から次に

f:id:sabotennmegane:20180817131051j:plain

 

大迫力!!こんなに近いの?!

 

すると突然友人が

「私、行ってくる!!

と興奮し走り出します。迫力の大型ねぶたを追いかけ人混みの中に消えていきました。

 

 開始後すぐに別行動となった私たちはそれぞれの場所でねぶたを鑑賞。

私は徐々に人混みに流されいつの間にか殆ど最前列に移動!なんてこった!

大迫力の中ねぶた祭を楽しみました。

f:id:sabotennmegane:20180817130336j:plain

市長賞 あおもり市民実行委員会作成

 

f:id:sabotennmegane:20180817130917j:plain

 知事賞 NTTグループねぶた作成

f:id:sabotennmegane:20180817130942j:plain

ねぶた大賞! 青森菱友会作成

 

道路の幅いっぱいの大型ねぶたが次から次にお披露目です。

大盛り上がり!観客も掛け声と拍手で大興奮

「ラッセラーラッセラー!」

 

ちなみに翌日昼のねぶたを見にいきましたが断然夜がオススメ!

f:id:sabotennmegane:20180817131849j:plain

f:id:sabotennmegane:20180818001409j:plain

昼間のねぶた

 

こんなに繊細で色鮮やかな大迫力のねぶた。そんなねぶたを30〜40人の人で担ぎ、周囲では跳人(はねと)が乱舞し太鼓や笛で盛り上げ大勢の観客の中を進む。観客も掛け声をかけ一体となっている祭。

こんな祭見たことない!絶対に見にいって欲しいお祭りです!

 

夜のねぶた祭をたっぷり2時間満喫した私と友人は宿泊するビジネスホテルへ向かいます。

 

途中、夕ご飯を食べていないことに気付き青森のソウルフードの「牛乳味噌バターラーメン」のお店へ。

f:id:sabotennmegane:20180818000815j:plain

ごちそうさまでした!

ホテルへ23時に到着、かろうじてシャワーを浴びベッドへ。

朝まで爆睡でした。

 

もう1回だけ続く。