珈琲を飲みたい猫

都内の美味しいものを求めて奔走中。食いしん坊がオススメのお店を紹介するブログです。

北海道旅行記 美瑛・富良野編⑤夏の北海道3日目



www.ponnta.net

こちらもどうぞ↑ 

6:00 美瑛の「青い池」で神秘的な時間

7月中旬北海道旅行最終日。今日も全力で楽しむぞ!

 

5時に起床、寝ぼけた夫を助手席に乗せ「青い池」に向けてレンタカーで出発。もう外は明るいです。

 

美瑛で「青い池」は人気スポットのため昼間は混雑ですごいことになっています。観光バスも多く止まっている場所。

そのため、朝1番で訪れました。

 

本日宿泊した宿は上富良野にあるため「青い池」までは約20分。

6:00に「青い池」到着!

 

f:id:sabotennmegane:20180911174159j:plain

駐車場に車を置き進んでいくと・・・!!

 

f:id:sabotennmegane:20180911173258j:plain

f:id:sabotennmegane:20180911173403j:plain

f:id:sabotennmegane:20180911173504j:plain

f:id:sabotennmegane:20180911173327j:plain

ブルー!

本当にブルーでした。

光の加減で歩いていくと少しずつ色が変わります。なんとも神秘的。やはり朝も早いので人はまばら。ゆっくり散策。 

 

朝方や昼間そして夜、雪の寒い季節など「青い池」はちょっとずつ色が違うそうです。何色に出会えるか楽しみですね!

 

白金青い池 :: 一般社団法人 美瑛町観光協会

 

6:30 「青い池」のすぐ近く 穴場の青い滝!?「白ひげの滝」

「青い池」を堪能した後は、「青い池」から車で5分程度のところにある「白ひげの滝」へ行きました。

f:id:sabotennmegane:20180911175341j:plain

橋の上から滝を見下ろします。少しブルーがかっていますね!迫力ある綺麗な滝でした。ここは「青い池」と比べると断然観光客は少なく穴場的な感じでした。

 

滝を見た後、宿に戻るため車を走らせていると・・・

f:id:sabotennmegane:20180911183924j:plain

あ!!見えますか? 北海道にきて2回目のキタキツネ!

 

さらに走っていると・・・

f:id:sabotennmegane:20180911184009j:plain

3回目のキタキツネ!割とあちこちにいます。みんな毛がまだら

 

 

7:30 上富良野の「大地の宿 じょう舎」はおすすめ シンプルなペンション

johya.amebaownd.com

宿に戻ってきました。

「大地の宿 じょう舎」は朝食と夕食付き。

f:id:sabotennmegane:20180911175635j:plain

朝からボリュームあるパスタでした!富良野の新鮮野菜も一緒にいただきます!

お料理はオーナーのご主人が担当されているそうです。

 

f:id:sabotennmegane:20180911184145j:plain

一階にあるスペース。

f:id:sabotennmegane:20180911184315j:plain

客室は2階。共有スペース。漫画や小説が置いてありました。

 

 

f:id:sabotennmegane:20180911184208j:plain

私たちの部屋。テレビなどはなくシンプルな部屋。天窓があり朝日が入り気持ちがいい部屋です。

f:id:sabotennmegane:20180911184229j:plain

畳の部屋もありました。居心地良さそう。

f:id:sabotennmegane:20180911184432j:plain

とっても素敵なペンションでした。ご夫婦でやっているペンションでご主人は面白い感じの親しみやすい方でした。夕食の際は謎のスピーチがあり面白かったです。

お世話になりました!

 

9:30 拓真館(たくしんかん)で北海道を振り返り 

f:id:sabotennmegane:20180911190606j:plain

拓真館は美瑛に魅せられた写真家の前田真三先生の写真が展示されてあります。私たちがまわった美瑛の写真をみたくて訪れました。

 

プロが撮影した美瑛の写真はどんなにキレイなんだろうか期待が高まります。

f:id:sabotennmegane:20180911190624j:plain

到着!自然に囲まれた素敵な場所でした。白樺の木々が並んでます

f:id:sabotennmegane:20180911190914j:plain

拓真館 | ラベンダーのまち| かみふらの十勝岳観光協会公式サイト

 

入場無料

営業時間

9:00〜17:00(5月〜10月)

10:00〜16:00(11月〜)※冬季営業は要問い合わせ

 

写真館の中は撮影禁止です。

四季折々の美瑛の写真が飾られていて素敵な空間でした。

私たちが実際にみた風景の写真も飾られていてとても楽しめました。おすすめの場所です!

 

こちらも観光バスが多く止まっていたため早めの訪問をお勧めします。

 

10:30 「美瑛ファーム」で牛を見ながらソフトクリームを食べる

拓真館から美瑛ファームまでは車で10分程度。ゴーゴゴー

f:id:sabotennmegane:20180911191705j:plain

到着。ここは観光客も少なく穴場な感じ。

f:id:sabotennmegane:20180911191733j:plain

搾りたての牛乳とソフトクリームを注文。ソフトクリームは興奮してしまい写真を撮る前に食べてしまいました。

 

ソフトクリームは砂糖と牛乳だけで作ってあるそうです。コーンも自家製で美味しかったです!

 

f:id:sabotennmegane:20180911191802j:plain

放牧されている牛たち。割と遠めです。

ここは牛と戯れるというより遠くから眺めるという感じでした。景色は最高です!

 

12:00 麓郷(ろくごう)にある「ふらのジャム園」

麓郷って聞いたことありますか?

そうです。「北の国から」の舞台になったエリアです。

「ふらのジャム園」は麓郷にあるのです。富良野からは車で30分程度。

麓郷を目指し車を走らせます。

f:id:sabotennmegane:20180911201942j:plain

f:id:sabotennmegane:20180911202001j:plain

富良野から麓郷に続く道も景色がとても良いです。

f:id:sabotennmegane:20180911202029j:plain

 麓郷に向かう中富良野の途中で「原始の泉」湧き水が出ている場所を発見!

 手ですくってガブガブ飲んでみました。冷たくて美味しい!

ちょっと一休みにいい場所です。車をとめるスペースもありました。

 

f:id:sabotennmegane:20180911202449j:plain

「ふらのジャム園」に到着!

ふらのジャム園公式サイト

ジャムおじさんならぬジャムおばさんの「ジャム工房」です。

ここでは38種類のジャムが試食をしながら選ぶことができます。

毎日ここの工房でジャムが手作りされているのです!なんと!

 

f:id:sabotennmegane:20180911202909j:plain

すごい数のジャム!小さくカットされた食パンが置いてあるのでジャムをつけて試食できます。

ハスカップジャムやメロンジャムが珍しく北海道ならではですね!

 

カフェも併設されているのでゆっくり過ごすことができました。

f:id:sabotennmegane:20180911203059j:plain

「ふらのジャム園」の隣は川が流れていてその隣に「アンパンマンミュージアム」があります。

 

そしてその奥には展望台もあるそうです。気付かなかった・・残念。

季節の花や雄大な景色が見渡せるそうで次回来た時は行ってみたいです。

 

 

もう一回だけ続く。